健康お役立ち情報

更年期障害を改善するための薬・漢方薬・サプリメント


女性が更年期障害になるのは50歳前後にある閉経後が多いですが、更年期に入る45歳程度から症状が出始める人もいます。子供を作る必要性がなくなった体は卵巣が弱まってきますし、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌も大きく減るようになります。こうしたホルモンの分泌量の変化が自律神経に影響を与えることが分かっていて、顔のほてりやのぼせ、発汗、肩こりや憂鬱に感じたりイライラが増える場合もあります。


クリニックで処方される更年期障害を改善させるための薬は、主にホルモンを補充するための薬です。エストロゲン単剤やエストロゲン黄体ホルモン配合剤、黄体ホルモン製剤などです。エストロゲンのみ処方を行っていると子宮がんになるリスクが高まってしまうため、3か月以上エストロゲンの処方が行われる場合には黄体ホルモンも併用されることが多くなります。


漢方では更年期障害にともなう症状に有効性があるもので、処方される帰芍薬散エキス顆粒は頭痛やめまい、動悸、冷えなどに有効性があり、加味逍遥散エキス顆粒は自律神経失調にともなう不安や不眠、イライラや肩こり、めまい、上半身の熱感や下半身の冷えに効果が期待できます。桂枝茯苓丸エキス顆粒は月経異常の際にも用いられるもので、頭痛やめまい、のぼせや肩こりなどをそれぞれ状態緩和に効果的です。


市販されているサプリメントで更年期障害に有効性があるものは、女性ホルモンと同様の作用が期待できるローヤルゼリーや大豆イソフラボンが配合されているものがあったり、たくさんの栄養成分が含まれていて新陳代謝を良くしてホルモンのバランスを整える期待が持てるプラセンタが配合されているもの、自律神経や生殖機能に働きかけホルモンバランスの乱れを整える有効性があるMAP酵素があります。MAP酵素はアミノ酸が結合したものであり、大豆イソフラボンのように摂取しすぎると乳がんのリスクが増すなどの心配がいらない成分で、天然の発酵菌から抽出されている酵素です。