健康お役立ち情報

肝機能障害の種類と症状について調べてみました


肝臓には3つの大切な働きがあります。どれも重要な働きばかりなのですが、まず人は食べ物を食べてそれをエネルギーに変えて活動します。このエネルギーに変換することを代謝というのですが、食べ物から補給された糖質やたんぱく質、脂肪といった栄養素を体内で使えるようにしてそれを貯めておいて必要な時に利用するという役割が肝臓にはあります。


次に食べ物などからは栄養素だけでなく、アルコールなどの体に害のある毒性の物も摂取してしまうのですが、こういった毒性な物や薬、老廃物といった不要なものを分解して身体に害が残らないようにするのも肝臓の働きです。そして肝臓で作られた老廃物を体外に出すために必要な胆汁を作りだして分泌する役割もあります。この胆汁は老廃物を流す役割だけでなく、脂肪を消化して吸収するために必要な消化液という重要な働きもしてくれるのです。


このように肝臓は健康な身体を維持するために重要な働きがたくさんあります。こういった働きがうまくできなくなってしまう状態が肝機能障害です。


肝機能障害はほとんどの場合で痛いなどの初期症状がなく、なかなか自覚することができないという特徴があります。肝機能障害が進行してしまうと、倦怠感を感じるようになりますが、これも疲れがたまっているのかなど他に原因があるのではないかと思いがちです。そして黄疸や腹水などといった自覚症状が現れた時には肝機能障害はだいぶ進行してしまっている可能性があります。


肝機能障害の種類としては、前段階として脂肪肝という病気があります。これは肝臓に送られてくる脂肪が多すぎることにより発症します。脂肪肝が進行すると肝炎という状態になります。肝炎はウィルス性のものとアルコールの飲み過ぎによる二つに分類することができ、さらにひどくなると肝硬変になってしまいます。


肝硬変は肝機能障害としては末期に近く、肝機能が大きく低下し待っている状態です。その他にも肝臓がんなど早めの治療が必要な病気ばかりなので症状がなくても定期的に検査などを行うことが大切です。