健康お役立ち情報

脂質異常症の新しい診断基準と脂質異常症のタイプ


脂質異常症とは、血液中の脂質が、通常のレベルとは異なり、結果的に動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの病気を引き起こしやすいと考えられる状態を指します。そのような「状態」と言って、「症状」とはあまり言わないのは、普通、脂質異常症にはなんらかの症状、自覚症状が見られる場合はほとんどないからです。医師が診察したところでそれは同じであり、ほぼ検査値の結果だけが全てです。


脂質とは、コレステロールやトリグリセライドと呼ばれるものが該当します。ここで「異なる」と言いましたが、もちろん高すぎる場合が当てはまるのですが、一つだけ、低すぎて困るものがありますので、全てが低ければ低いほど良いというものではありません。これは後ほど説明します。


脂質異常症の診断基準は、LDLコレステロール、HDLコレステロール、そしてトリグリセライド(トリグリセリドと呼ばれることもあります。日本語にしたときの読み方の違いにすぎず、内容的には全く同じものです)の3つの検査項目で判断されます。


LDLコレステロールとは、いわゆる悪玉コレステロールのことです。140mg/dL以上あると、高LDLコレステロール血症と判断されます。HDLコレステロールとは、いわゆる善玉コレステロールのことです。LDLコレステロールとは異なり、HDLコレステロールは検査値が低すぎるほうが問題になります。40mg/dL未満の場合に、低HDLコレステロール血症と判断されます。


最後に、トリグリセライドですが、これは別名、中性脂肪とも呼ばれるもので、150mg/dL以上ある場合に、高トリグリセライド血症と判断されることになります。


これらの診断結果がなされた場合には、まずは日常生活で気をつけることになります。食事や運動などです。それでも改善が見られない場合には、薬による治療が行われることになります。最初にも述べましたが、たとえ検査値の異常があっても、とくに自覚症状もないため、ついつい放置しがちですが、突然発症しないためにも、気をつけることが必要です。