健康お役立ち情報

尿酸値が上がってしまう原因まとめ


尿酸値を上げる原因は、遺伝と生活習慣です。遺伝に関しては、尿酸値を上げる可能性が弱い一方で発生頻度の高い遺伝子と、発生するのは珍しいですが強く影響を与える遺伝子があると分かっています。尿細管における物質輸送や、消化管からの尿酸の排泄に影響を与えることで、尿酸値を高くしています。


生活習慣ではまず食事です。肉や魚介類ばかり食べている人は痛風になりやすいです。反対に野菜と乳製品は痛風を抑制します。痛風患者の60%は肥満なので、食事量を減らして適正体重をキープしなければなりません。アルコールは尿酸値を一時的に上昇させます。アルコールは体内で分解される時に尿酸が生成されます。同時に乳酸が尿酸を体内に蓄積したり、アルコールの中にはプリン体が多く含まれることが原因です。


プリン体はビールに最も多く、ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒にはあまり多くありません。ある研究ではビールや蒸留酒は痛風のリスクを上げますが、ワインはリスクを下げると結論付けています。最近はプリン体を少なくしたビールも販売されていますが、長期的な調査が存在しないので、どれくらい尿酸値の低下に貢献しているかは分かっていません。ただビールを好きな人が健康にために飲むのを止めてしまうと、ストレスが溜まる可能性があります。ストレスも尿酸値を上昇させる原因なので、無理な食事管理は控えるのが良いです。


運動も種類によって数値に影響を与えます。数値を上昇させるのは、酸素を十分に吸うことができない激しい運動です。ストレス解消のために運動をするのは良い習慣ですが、一箇所の筋肉に瞬間的に大きな負荷をかける運動を逆効果です。腎機能が低下している人や血液の病気を持つ人も尿酸値が高いです。悪性腫瘍によって高尿酸血症が引き起こされることもあります。


ラシックスなどのループ利尿剤やフルイトランなどのサイアザイド系高圧利尿薬、テオドールなどの喘息の薬などで尿酸値が上がることも分かっています。