健康お役立ち情報

γ-GTP(ガンマ-GTP)とは?検査・基準値について


健康診断の結果を見ると、γ-GTPという検査項目があるでしょう。高いと何やら肝臓が、とか、お酒の飲みすぎで、とか言われているようだが、一体これは何なのか、どういう働きをしているのか、高いと何が問題なのか良く分からない、という人もいるでしょう。


まず、γ-GTPとは、ガンマ-グルタミルトランスフェラーゼの略であり、これは酵素の一つです。肝臓、腎臓、すい臓など、体内のあちこちの細胞内に存在していて、タンパク質を分解したり合成したりする働きをしています。


別にこの長い名前を覚える必要などないのですが、少しだけ説明しますと、ガンマ-グルタミル基と呼ばれる分子を、こちらからあちらへ運ぶ(トランスファー)する役割を持った酵素(酵素は語尾に-aseが良く付きます)、というような意味になります。


それで、γ-GTPの役割は分かったが、では何が肝臓の働きとか、お酒つまりアルコールに関係するのでしょうか。


ここでまずはっきりさせておかないといけないのは、この酵素そのものは、お酒つまりアルコールの代謝とは何の関係もないということです。γ-GTPはあくまでもタンパク質の分解や合成に関与する酵素で、アルコール代謝とは関係ありません。ただ、アルコールの影響を受けるのです。


どういうことかというと、普通、この酵素は細胞内に存在していて、血液中の量は限られています。つまり、正常な状態では、血中のγ-GTP値は低い値を示します。ところがアルコールを飲みすぎると、アルコールは主に肝臓にある別に酵素によって代謝されるのですが、その際、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。結果として、肝臓の細胞が壊れます。すると、もともと細胞の中にあったγ-GTPが血液中に出てきてしまい、血中のγ-GTP値が高い値を示すことになるのです。
逆に考えると、γ-GTP値が高いということは、肝臓細胞が壊れるほどにアルコールを摂取していると考えられるので、気をつけましょうということです。


なお、念のために付記しますが、肝臓細胞が壊れる原因はアルコールだけとは限りません。覚えがない場合、別の疾患がある可能性があります。医師に相談しましょう。