糖尿病お役立ち情報

糖尿病の治療に必要となる費用の相場はいくらぐらい?


糖尿病は国民病といわれており、予備軍を合わせると多くの日本人がこの病気にかかっています。糖尿病になった場合の治療にかかる費用について説明します。糖尿病では病気の進行度や危険因子の有無、合併症の有無などによって大きく治療費は異なりますが、医療経済研究機構の報告によると糖尿病患者一人当たりの治療費の平均は一年間で約25万円と報告されています。


健康保険が適応になる為、3割負担の人では約7万5千円程度の負担になります。では、ケースによってどれくらい治療費が違うのかについて説明していきます。まずは投薬が必要なく、食事と運動療法のみの場合です。この場合には医師による管理料と検査料が主な費用となり、合計で月に1万2千円程度の費用がかかります。保険を利用すれば多くの人が3割負担で利用できるので、軽度で薬が必要ない状態であれば大きな負担は必要ないということができるでしょう。


次は内服薬による治療が必要な場合です。その場合は病院での治療費に加えて薬代が加わることになります。その結果、月にかかる費用は約2万5千円になります。


治療費と薬代が同じくらい必要になる為、薬が必要ない場合の2倍の費用が必要になることがわかります。次は病気が重度になり、インスリン療法と内服薬の療法で治療を行う場合です。この場合は血糖値を自分で計測する必要があり、そのための指導料や管理料が診察で必要になります。その結果、診察費用が大きくなり、約2万6千円かかります。これに薬代を含めると毎月約3万6千円となります。


このように糖尿病の治療は症状が重くなるにつれて多くの費用がかかることがわかります。さらに合併症があり、その治療が必要な場合にはその費用も必要になります。糖尿病に多い合併症に腎臓病があります。腎不全の状態になると人工透析が必要になります。実は人工透析には大きな費用が必要であり、年間で500万円の費用がかかっています。しかし、保険や高額療養費制度が利用できる為、自己負担はほとんど必要ありません。


糖尿病は早めに治療すれば医療費をかなり節約できる?


糖尿病の罹患者が年々増えています。これは生活習慣によるものが原因です。糖尿病には1型、2型があり、生活習慣によるものは2型と呼ばれています。2型は遺伝性のものと生活習慣の乱れが原因で起こります。食事が毎日不規則だったり、ストレスを抱えていたり、睡眠不足が続いていたりと様々な要因によって引き起こされます。症状として、口が渇く、尿が頻回、水分を欲するなどがありますが、自覚症状のない人がほとんどと言えるでしょう。健康診断などで初めて知る人も多くいます。


2型糖尿病の治療としては、まず生活習慣を見直すことから始めます。食事を制限し、糖のコントロールをします。さらに運動をするように勧められます。これらをしても改善しない場合、経口血糖降下薬が処方されます。また、最近では早い段階からのインスリン注射の導入も進められています。糖尿病の治療は多くの医療費がかかってしまいます。1型になるとインスリン注射での治療しかありませんから、月に1万円?3万円程度の医療費が必要になってしまいます。20歳までは、医療費の助成制度がありますが、成人してからはこれを1か月ごとに支払っていかなくてはいけません。1型として発症していなくても、インスリン注射に依存して生活をしていかなくてはならなくなった場合、2型の患者も同じような医療費がかかってきてしまいます。ですから、早めに治療を開始することで、医療費の節約にもなるんですね。


さらに、糖尿病が悪化していくと、様々な合併症のリスクが出てきます。目の網膜症や腎症、動脈硬化や神経障害、これらの治療にも医療費がかかってきてしまいます。特に腎症を患ってしまった場合、最悪人工透析などになりかねません。医療費の負担だけならず、生活にとって大切な時間までもが奪われかねないのです。糖尿病は放っておいても治るものではありません。何か異変を感じた際には、病院でしっかりと検査し、早めの治療を開始することがとても大切になってきます。