糖尿病お役立ち情報

糖尿病の合併症で足に症状が出るものがある?


糖尿病が進行すると、様々な合併症が出てくる可能性が高くなります。その中でも特に数が多い合併症は、三大合併症と呼ばれています。ひとつは腎臓病です。腎臓は体の老廃物を濾過し、排出する役割を担っています。そのため、その機能が完全に失われてしまう腎不全にまで至ると、人工透析が必要となります。


ふたつめは網膜症です。これは網膜の細い血管が、糖尿病により損傷を受けやすくなることで発症します。血管が詰まったり、出血が続くと、飛蚊症や急激な視力の低下を覚えるようになり、最悪の場合は失明してしまうこともあります。そして最後は神経障害です。手足の先に痛みや痺れを感じると言うもので、糖尿病の患者の中でも自覚症状が出やすい症状だと言われています。


また自覚症状を感じていない人でも、多くの人がこれを抱えているとも言われています。これは高血糖により血流が悪くなり、それにより必要な酸素や栄養が届きにくくなるためと言うのがいちばんの原因とされています。しかしそれ以外にも理由があるとされていますが、それは未だ明らかにされていません。この神経障害は、先述した通り、細い血管や神経が通っており、なおかつ体の末端である手足に出やすいのが特徴です。最初は冷感や痺れなどですが、症状が進行すると足の感覚が鈍くなり、逆に冷感や痺れを感じにくくなります。


更に抵抗力が低くなることから、白癬菌に感染しやすくなることから水虫にかかったり、爪の足が変形するなどの足病変と呼ばれるような症状が出やすくなります。そして最も恐ろしいのは、足の神経や感覚が鈍化することで、足にできた傷に気付かず、それが感染を起こして潰瘍となり、その部分が壊疽を引き起こすことです。こうなるとその体組織は壊死しているので、切断する必要があります。


糖尿病で足を切断したと言う話を耳にされた方は多いかもしれませんが、それはこのような状態が発生してしまっているためです。足病変が重症化して、このように足の一部を切断している人は、毎年1万人以上はいるとも言われています。ですから、もし足の感覚に違和感を覚えた場合は、速やかに医療機関に相談することが必要です。