糖尿病お役立ち情報

1型糖尿病と2型糖尿病の違いとは?


糖尿病とは、常時、血糖値が高い状態によって引き起こされる症状です。血糖値とは血液中の糖分濃度のことで、これは膵臓から分泌されるインスリンによって調節されています。糖分は体を動かすためのエネルギーですから、問題がなければ血液中から、必要な時に必要な場所に運ばれます。しかしインスリンの分泌量が低下したり、その作用が薄れてしまったりすると、それが上手くいかなくなるため糖尿病が出てくると言うわけです。


では、どうしてインスリンの分泌量や作用に支障が出てくるのかと言うと、その原因はおもにはふたつに分けることができます。そしてその原因によって、糖尿病は1型と2型に分類することができます。


まず、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が死滅してしまうことを原因とする場合です。こちらは1型糖尿病に分類されます。β細胞が死滅してしまうこと自体も病気なのですが、その原因としては、自分の免疫が膵臓を攻撃してしまっていることが考えられています。子供や10代の若い内から発症することが多く、まったくインスリンが分泌されないので、発症してから症状が悪化するまでのスピードが非常に急です。また糖分がうまくエネルギーとして使用されないため、代わりに脂肪がエネルギーとして使用されます。その際に発生するケトン体によって、血液が酸性に偏りがちになり、その結果として体に様々な影響が出てくることもあるケトアシドーシスを発症しやすいのも1型糖尿病における注意点です。


これに対して2型糖尿病の原因は、生活習慣が最大であるとされています。暴飲暴食、運動不足、喫煙習慣などによって、膵臓やインスリンに負荷がかかり過ぎ、結果としてそれらの機能に支障が出てくることで糖尿病を発症すると言うメカニズムです。患者数としてはこちらの方が圧倒的に多いです。老若男女問わず発症するのが特徴で、自覚症状がそれほどないことが多いです。また肥満や高血圧と言った、他の生活習慣病と併発して起こることも多くあります。1型とは異なり、インスリンは多少であれ分泌されていますが、それでは追いつかないこともあり、まずは生活習慣の改善をはかるのが第一です。


糖尿病を予防・治療するための食生活・食事療法


日本での糖尿病の約95%は、2型糖尿病と言われ、ストレスや肥満、暴飲暴食、運動不足などの生活習慣の乱れにより引き起こされます。2型糖尿病は、インスリンの分泌や作用する力が不足することで発生する病気のため、治療の基本は、食事療法です。欧米化した食生活や食事を多く取り入れていると糖分の処理が追いつかなくなり、血糖値が上がりっぱなしになります。この状態が続いてしまうとさらにインスリンを分泌する力が衰えてしまいます。


食事療法の基本的な考え方は、カロリーを必要以上に取らないようにすることです。バランスのとれた栄養を1日の必要カロリー内で摂ることで、すい臓の負担が軽くなり、機能回復が期待できます。そのため、食べ過ぎやインスリンをより多く必要とするメニューに気をつけることが糖尿病治療には効果的です。現在、糖尿病ではない人にとっては、効果的な予防法になります。


糖尿病に良い食品、悪い食品はなく、どんな食品であってもとりすぎては身体に悪くなります。食事療法で食べてはいけない食品はあまりなく、決められた指示エネルギーの範囲内でタンパク質や脂質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素を過不足なく摂取することです。


目安としては、決められた1日のカロリーの内55%から60%は炭水化物から摂取し、タンパク質は、標準体重1キロあたりを成人の場合1日約50gから80g摂取し、残りを脂質で摂ることになります。普段自分が食べている食品にどのくらいのカロリーがあるかは分からないため、食品交換表を使います。食品交換表には、指示エネルギー量が食品交換表の何単位にあたるかが書かれているため、食事のメニューを決める際にわかりやすくなります。


食事のポイントとしては、朝昼晩の1日3食をきちんと摂ることが基本となります。間食は控えるようにします。コーヒーや紅茶などを飲む際には、なるべく砂糖を入れないようにし、どうしても入れたい場合には、代用となる人工甘味料を使ってみることです。